中国輸入アパレル商品「ボタン穴・開封サービス」

アパレル商品の中国輸入において、
ボタン穴が開いていないという
トラブルが相次いでいます。

楽スルで提供している
中国輸入代行サービス「BiZDELi」では、
このトラブルを回避するために
専用のサービスを提供しています。

中国ではボタン穴が開いていないのは
不良品ではない

中国からアパレル商品を輸入した場合
スボンやジャケット等の一部では、
ボタン穴が空いていないことがあります。

中国では、これは不良品とは考えておらず、
購入者がリッパーを使ってボタン穴を
開けるのが一般的です。

日本の顧客に直送する場合の損失

一方で、直送便で日本のお客さまに
このような商品を直送する場合、
確実にクレームに繋がります。

中国に再注文したとしても、
再び穴が開いていない商品であるため、
国内販売者に返送して開けるか、
お客様にご自身で開けていただく必要があります。

このような場合、

■ 販売者への返送料が発生
■ 販売者からの発送料が発生
■ お客様へのリッパー代の支給
■ お客様への代金値引きや全額返金

などの費用がかかる可能性があります。

さらにそれだけでなく、

■ お客様からの「低いレビュー」
■ 顧客対応への時間・労力・コスト
■ 顧客対応に伴うストレス

など、管理運営面でも
大きな損失を伴います。

中国輸入代行サービス「BiZDELi」で
提供している穴あけサービス

これらの状況から、BiZDELi直送便では

「ボタン穴開封サービス」

の提供を行っています。

サービス内容は以下の通りです。

<提供条件>

直送便のみ対象
(まとめ便は提供致しません)

<料金>

5元/箇所

(例)
「ズボンのボタン穴1箇所」
5元×1箇所=5元

「ジャケットのボタン穴4箇所」
5元×4箇所=20元

※作業が行われた場合、
 中国備考欄にその旨を記載の上、
 明細の「返送料」に合計料金を
 追加します。

<サービズの申込み>

申し込みの必要はありません。

自動付加サービスになり、
サービス辞退は不可となります。

このサービスを受けたくない場合は、
まとめ便に切り替えて下さい。

<注記>

ボタン穴を必ず開けることを
保証するものではありません。

ボタン穴は検品項目に入れてありますが、
サービズは商品検品時に、担当者が
穴の未開封を発見した場合のみ提供します。

一般的には、デニム商品において、
ボタン穴が開いていないことが多数ですので、
これら商品を重点的にチェック致します。

チェックなどの要望をお出し頂いても
お応えできかねますので、
あしからずご了承くださいませ。

以上、ご不明点がありましたら、
お問い合わせ下さい。