嵐の活動休止と2021年以降の危機

楽スル大久保です。

「嵐」が活動休止するニュースが
話題になっていますが、会見を見て、
2021年以降に発生するある種の”危機”を感じたので、
それについてお伝えしたいと思います。

あくまでも嵐についての議論ではなく、
2021以降、あなたがどのように過ごすべきなのかを
個人的な見解を含めてお伝えする記事となります。

嵐の活動休止になった理由

嵐を知らない方はいないと思いますが、
日本でダントツに影響力のあるアイドルであり、
経済効果も業界No.1のアイドルグループです。

コアなファンだけでも経済効果が
300億円を超すという調査もあって、
テレビやCMなどの周辺ビジネスを考慮したら、
それ以上の影響力を持つ、
文字通り「巨大モンスター」グループです。

この嵐がリーダーの大野さんの
” やることは決まっていないけれども
自由になりたい “というニュアンスの理由により
長期に及ぶ議論を経て、活動休止という結論に至りました。

嵐はどんなアイドルグループより忙しいグループだし
物心つくころから恋愛や結婚、友達や遊びなど
様々なプライベートより仕事を優先する環境に
20年近くもいたわけですから、
本当にごく普通の思いだと思います。

2021年以降の目標がなくなる

一方で、僕が問題に思ったのは、
彼らの活動休止が

2020年12月31日(金)

ということです。

2020年には東京オリンピックがあります。

そのため、薄々感じてると思いますが、
日本経済が色々な場所で
2020年に何かしらの目標を立てて
動いています。

2020年までに◯◯達成
2020年までに△△を実行
2020年を目処に☓☓を開始

みたいに、
多くのエネルギーが2020年に向けて集約されようとしています。

一方で、こう思うわけです。

「2021年以降はどう過ごすの?」

2020年を一区切りと考える際に、
2020年をこれから先を歩む一つの” 通過点 ”として
考える必要があります。

そのビジョンがない限り、
2021年以降に確実にエネルギーが下がり、
色々なことが” 失速 ”していきます。

本来は上り坂のように右肩上がりで行きたいのに、
天にボールを投げたときの放物線のごとく、
最高点まで達したあとに、登りと同じ曲線を描いて落下していきます。

それを加速させてしまう1つのできごとが
嵐の活動休止です。

膨大な仕事の整理が必要なため、
2年間という猶予が必要だったのだと思います。

急に解散したら、嵐関連の仕事の方の多くが
本当に深刻な経済的な影響を受けてしまうはずです。

ファンの心の整理にも時間がかかるのかもしれません。

大野くんが40歳になるという節目もあるでしょう。

けれど、日本や世界にとてつもなく大きな
「元気」や「勇気」を与えるモンスターグループが
2020年末に” なくなる ”ことには変わりません。

2021年の嵐ファン(アラシック)の姿は
想像に難くないと思いますが
大きな大きな「嵐ロス」を起こします。

2021年問題と対策

「ロス状態」では生産性が落ちるし、
クリエイティブではなくなります。

それと同じように、2020年を目標として
多くの人が、何かしらの目標を立てたり、
計画を進めています。

そうでない人であっても、
2020年は” 何か楽しそう ”と感じているはずです。

では、それが過ぎ去り、
2020年が過去のものになったらどうなるのか?

嵐ファンが嵐ロスになるのと同じように、
大なり小なりほとんどの方に影響を及ぼすはずです。

目標や希望がなくなった社会が
眼の前に迫っています。

これがまさに、

2021年問題

です。

社会の空気に身を任せてばかりいると、
その空気感に飲み込まれて、
あなた自身もエネルギー量も
知らず知らずのうちに下がってしまいます。

そうならないために、今から何をすべきなのか。

2021年以降も飛躍することができる人は
どういった人なのか。

それは、以前からお伝えしている通り、
「コア」を持っている人です。

前回、お伝えした「夢」を持っている人でもあります。

夢に限らずですが、自分自身が何者なのか、
その軸を持つことができる人です。

オリンピックが終わった2021年以降、
少なくとも日本経済が加速することはないだろうし、
特に話題になることもない場合、
確実にマイナスの空気感が出始めるでしょう。

一方で、新元号が始まり、
個の力がより発揮しやすい
新しい時代が幕開します。

時代の空気感に流されて下降気流に乗る人と
個の力を発揮して上昇気流に乗れる人が
今までにないレベルで二極化します。

2020年が終わるまで、
あと2年を切りました。

ぜひ今のうちから、あなたの夢について、
あなたのコアについて、少しずつでも良いので、
考えてみてくださいね。

[データ参照] 嵐の経済効果の数値について
(博報堂DYメディアパートナーズの数字)


「令和式ネットビジネス」を伝授する
公開コミュニティメルマガ

このメルマガを読むことで、あなたは激変する世の中から置いてきぼりにされず、逆転して先頭集団に入ることができます。執筆者である、楽スル代表の大久保が、新時代のネットビジネスに必要な知識や考え方、メソッドをお伝えします。登録は無料です。