「月収100万円を稼ぎたい!」という目標設定の危険性

今回は起業や副業をスタートさせる際の
利益の目標設定金額について
お話させていただきたいと思います。

月収100万円を稼ぎたい

ビジネスを始める方には2つのタイプがいます。

1つは、自分がビジネスとしてやりたいことが
それなりに明確で、ビジネスを通して
自己実現をしていきたいタイプです。

例えば、釣りが好きだから、
釣具の専門店を作りたい!みたいなタイプです。

もう1つは、”自由”を獲得したいため
とにかくお金を稼ぎたいという
お金や時間的な自由を目的としたタイプです。

どういうことをして稼ぎたいというのはなく
お金が入ってくるビジネスをしたいというタイプです。

楽スルでは両方のタイプに
コンサルティングを実施していて
いずれの場合も「売上目標」「利益額」などの
数値目標を聞いています。

その中で、特に後者のタイプの
”自由獲得型”の方に多いのですが、
こんな風に答える方がたまにいます。

「月収100万円稼ぎたいです」
「年収1億、欲しいです」

確かにセルフマネジメントの観点からは
目標は高い方が良いと思いますし、
夢があって素晴らしいと思います。

しかし、お金の「価値」について
あまり深く考えることなく、
このように話している方がほとんどです。

価値を理解せずに目標設定してしまうと
目標を達成することはおろか、
途中で挫折してしまうことがあるので、
かなり注意が必要です。

その理由について解説したいと思います。

月収100万円稼ぐ人たち

月100万円という目標設定するならば
月100万円という「価値」を正しく
理解することが、とても大切です。

その価値を理解するのに
最も簡単な方法は

「同じくらい収入を得ている
 職業や人物を明確化する」

ことです。

100万円より低くなりますが
「月収80万円」ほどある方が
どのような方々かご存知でしょうか?

ざっくりと月収80万円近いと言われる方々の
一例を挙げてみます。
(あくまでも目安です)

↓↓↓↓↓↓

医者  月収85万円(平均40歳)

弁護士 月収82万円(平均36歳)

ゴールドマンサックス3年目 月収83万円

住友商事 40代前半 月収83万円

社会的価値を提供する

あなたが月収100万円の収入を得たいなら
彼ら以上に社会に価値を与えなければいけません。

「ワンクリックで月収100万円」という
触れ込みの情報商材の広告を見かけることがありますが、
これがあり得ないことは、この観点からも明確です。

医師が社会に対して与える価値と比べて
「ワンクリック」の方が価値が高いはずがないからです。

医師として収入を得てる方々は、
高校時代から必死で勉強をし
大学でも6年間の勉強をし、
難関と呼ばれる医師の国家試験に挑み、
合格したかと思えば2年間の研修があり、
それが終わっても健康や生死に関わる
高ストレスの環境で仕事をしている。
休みも自由に取れるわけではなく、
長時間労働が常態化している。

その医師が与える社会的な価値の平均が
月100万円を満たしていないという事実があります。

逆に言えば、100万円という価値は
それだけ高いものでもあります。

月収100万円を超えたいなら、
少なくともそれ以上の価値
社会に対して還元する必要があります。

月収100万円は、決して
単純に達成できるものではありません。

年収1億となれば、その約10倍の
価値の大きさが待ち受けています。

あなたの基準を上げる

一方で、ビジネスというのは
一定のリスクを取ることによって、
比較的カンタンにあなた自身の
価値を高めることができます。

ビジネスは、失敗するリスク、
つまり、お金、時間、健康など
人が大切にするものを失う可能性を
秘めています。

だからこそ、それに取り組むだけで、
あなたの価値が高くなります。

かといって、それだけで
医師や弁護士のような高い
社会的価値を得られるわけではありません。

あくまでも、あなたの社会的価値を
高めることが、ビジネスで成功し、
大きなお金を得るためには必要です。

そのためにも、

月10万円でも
月100万円でも
月1000万円でも

それがどのくらい価値のあることなのか、
多少なりとも理解をして
その価値を超える存在になることを
目指していくようにしましょう。

もしも、現在あなたがこれらの収入を
目指しているなら、そこが”基準”になります。

そして、それはビジネスを通してなら
十分に実現可能です。

ぜひ現在の基準をそこまで上げていきましょう。